レジェンド・オブ・トゥモロー シーズン1 第5話


時は1986年。冷戦直下のソ連で、チームの仲間数名が捕まってしまう。スナートは、収容所に入れられた彼らを救うため、救出計画を練り上げる。チームが作戦を実行しようとする一方、サラはリップ・ハンターから、作戦と並行する秘密の任務を与えられていた。だがその任務は作戦遂行の弊害となりうるばかりか、チームに危険をもたらす可能性を秘めていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*