レジェンド・オブ・トゥモロー シーズン1 第13話


リップ・ハンターは、自分の家族が殺されてしまう3か月前の、2166年ロンドンへチームを連れて行く。2166年はサベッジが全盛期を迎えていた時代で、リップ・ハンターは、これがサベッジを倒す最後のチャンスだと考えていた。一方、チームはサベッジを倒すための重要な情報を発見する。一つはサベッジの娘について、そしてもう一つはサベッジを永遠に葬る方法だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*