バツイチママは実家暮らし 第3話


ポリーが働く店でチーズ管理者のポストに空きが発生。エレインとマックスは「ポリーこそ適任」と言うが、本人は「自分の能力では無理」とまったくやる気を示さない。一方、ナタリーは学校の演劇発表会に出ることになり、芝居を愛する祖父母は大喜び。ところが彼女が希望して得たのはセリフのない「丘」の役だった。脇役の立場に安住しているポリーとナタリーの内なるスター性を引き出すため、エレインとマックスの奮闘が始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*