それいけ!ポンコツ少年野球団 第8話


初めてダブルプレーを成功させて歓喜するアングルス。相変わらず厳しい言葉で指導を続けるキャノンだが、その言葉の中に人種差別や侮蔑的な表現があるとして保護者から苦情が出たためキャノンは停職処分になってしまう。キャノンの指導を求めるメンバーはキャノンの謝罪を受け入れるがパーブだけはこれを拒否。復帰への望みが消えかかる。昔気質を貫いてきたキャノンだったが自らの行動を振り返り、どうすべきかを模索する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*