オヤジ・アタック 第7話


劇を見に行き感動したカミラが自分も舞台に立ちたいと言い出す。イーライがカミラをたきつけた結果、カミラはなんと主役に抜擢されることに。忙しいワーナーの代わりにクロフォードがカミラの台本読みに付き合い、劇は本番初日を迎える。しかしカミラの相手役の俳優が事故に遭い出演できなくなってしまう。そこでセリフを覚えていたクロフォードが急遽舞台に上がるのだが、父親と妻の演技を見てワーナーは深く落ち込むのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*