プロが教えるフットサル練習動画教材

Fリーグの得点王プロコーチが動画で教えるフットサル練習方法です。個人レベルを上げたい・上達したい方、スーパーテクニックを身につけたい方、チームを強くしたい方、監督などにお勧めです。

フットサルの練習で大事なもの

フットサル練習メニュー

私はサッカー歴21年で、今はフットサルをやっています。

チームは未経験者が多いのでみんながどうしたら上達するか、どういう練習をしたらいいかフットサルの本で勉強したり、近くのコートに通ったりして、コーチに教わったメニューを自分なりにアレンジして練習しています。

特にトラップからのシュートやフェイントからのシュートなどを意識して練習しています。

その理由は、チーム全体の運動量には限界があるので、個人技の重要性を痛感しているからです。

フットサルはサッカーよりもフェイントが多いですよね。フェイントをうまく使えるようになったらプレーの幅が広がりますし、ゴールや勝利など結果も残しやすくなります。

だからこそ、個人的にはすばやい細かい動きとテクニックなど個人技を習得するのがいいと感じています。

この考えは私だけでなく、一般的なものでしょう。

日本初プロフットサルチーム下部組織[名古屋オーシャンズフットサルスクール]公認コーチ監修による動画で教えるフットサル練習方法があります。

プロコーチが教えるの動画見てフットサルの練習をする

個人のスキルがないと勝てない競技です

サッカーではコートも広くプレイヤーも11人と多いので個人技よりもチームの連携が重要ですが、フットサルはコートも小さくプレイヤーが5人と少人数なので個々の能力が高くないと勝てません。

ということは個人技によってチーム力が決まると言っても過言ではありません。

実際に、サッカー経験が長く、上手に立ちまわれる選手がいればチームは1ランク上にいけます。

もちろんフットサルは運動量も多いので、体力も重要です。

しかし、そは個人スキルがある事が前提での話です。

その個人スキルを磨くには、

「上手なプレーをみて真似したり、やり方を聞いて練習する」

これがフットサルに限らずあらゆるスポーツの最短の上達法と言えるでしょう。

一流選手の動画見てフットサルの練習をする

インデックス

フットサルを知る

各国での取り組み

題材となっている作品

当サイトについて

リンク集

■エラシコとは?

正しくはエラッスチコ或いはエラッシチコと発音する。足のアウトサイド(外側)でボールを軽く外側に押し出し、同じ足のインサイド(内側で)逆側に切り返す動作。最初のボールを外側に出す動きにディフェンスを引っ掛ける。ブラジルのロナウジーニョなどが得意とする。基本的にブラジルではスタンダードなフェイントの一つであり、ロナウドや、またスウェーデンのズラタン・イブラヒモビッチなども使用している。エラッスチコとはポルトガル語で「輪ゴム」であり、外側に出したボールがまるで足に輪ゴムで付いているかのように内側に戻ってくることからそう呼ばれる。エラッスチコの開発者は、セルジオ越後であるという説がある

エラシコの動画はコチラ

逆アクセスランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加